倉敷せとうち会場について

 
倉敷せとうち会場とは

サブタイトル

「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。
仕事バンバンプラザの主な内容(倉敷せとうち会場の決め事)
  • ・名刺交換会では参加者全員と1度に名刺交換を行います。
  • ・ゲスト紹介…新しい仲間を毎回紹介します。(ゲストのみ)
  • ・自社自己PR…自らをアピールできるタイムです。(正会員)
  • ・宣材配布…会社や商品のPRパンフなど宣伝物の配布ができます。(正会員)
  • ・車座商談会…円卓にて数人のグループで自己&商品紹介。(正会員と準会員)
  • ・商談懇親会…更に懇親の場で人脈を広げます。即座に商談も可能です。
  • ・例会参加のルール
倉敷せとうち会場の方針
  • 「貞観政要」という中国の書物から引用した「創業守成」(守成は創業より難し)、同時に「先祖の完成した事業を受け継いで守っていく」とする守成(史記)の言の2つを基に伊藤小一創設者が命名しました。
倉敷せとうち会場概要
創 立
2018年(平成30年)2月第1回例会開催
会員数
47名(正会員28名/準会員19名、平成30年5月現在)
例 会
仕事バンバンプラザ(毎月1回開催、18時30分から21時30分)
会 場
倉敷ロイヤルアートホテル
代表世話人
中山 靖雄
㈲昇靖 代表取締役
副代表世話人
原田 浩二
㈲システムコミュニケイト 代表取締役
事務局
福田 睦
NPO法人パッション 代表理事
会場世話人
加賀 琢也
洋菓子工房ベルジュ オーナーシェフ
会場世話人
黒川 貴幸
レイヴヘアー 代表
代表挨拶

平成29年1月24日、岡山県に発足した新設2会場、「おかやま山陽会場」「倉敷せとうち会場」は、旗手である岡山会場の高野代表代行と共に、岡山に現存する3会場の会員の皆様の、熱いご支援と、温かい応援のもと、無事に出発することが出来ました。 当日は、県内外はもとより、全国各地から合計61社の仲間にお集まり頂き、7社のゲストの方 全てが入会をするなど、熱気あふれる例会になりました。 倉敷という地域は、江戸時代に天領として栄えた商人の町で、美観地区という情緒あふれる、風情ある街並みが残り、海外からの観光客も多いなど、全国の守成クラブの会員にとっても、様々なビジネスチャンスがある街だと思っています。 倉敷せとうち会場は、岡山5会場、近隣の県外会場はもとより、全国の守成クラブに愛される会場作りを行いながら、「安心」「夢」「スピード」があふれる会場を目指します。 現在世話人は4人で、まだまだクリアしなければならない事は盛り沢山ですが、これからどんどん大事な仲間を増やし、新しい風を地元に吹き込ませ、地域のビジネスを盛り上げて、さらには日本全国の仲間の企業が繋がり合えるよう、市場の拡大に貢献していきたいと思います。 今後とも、ご指導・ご鞭撻のほど 宜しくお願い致します。

守成クラブ倉敷せとうち会場 

代表世話人:中山 靖雄

Page Top